トップ

学校に入るための勉強

学校を基礎から学ぼうとすること

学校への効果的な営業とは

入学シーズンになると、各学校では保護者に向けた入学説明会が行われます。説明会後には、授業で生徒が使う為の教材や体操服などの衣料品を販売する事が多いです。自社の扱っている商品を学校で採用して貰う為には、どのような営業活動を行えば良いでしょうか。まずは、現場にいる教員や、PTA役員等の保護者代表の方の意見に耳を傾けてみましょう。今使っている教材と売り込もうとしている教材の相違点や、新しい物が発売された時にはどのような部分が改善されたのか、等です。上の兄弟のお下がりで十分と思っている保護者でも新たに買いたいと思うようなアピールが大切です。また、口コミサイトでどんな教材を求めているかという父母の声を参考にするのも良いでしょう。

学校から学習塾への営業活動

御三家レベルの上位校や、有名大学の附属校など、優秀な生徒集めに苦労が必要のない向きには無縁なお話しですが、中・下位校にとっては、学習塾の協力で1人でも多くの優良な受験者を増やすことは生命線となります。ですので、広報担当者がパンフレットを持って学習塾を回り、自校の案内をするという営業活動は日常茶飯事的に行われています。人気を集めるための言わばマーケティングに成功して集客力が高まり、偏差値も急上昇したという学校も少なくはありません。入学者のレベルが上がれば進学実績も向上し、進学実績がさらに人気を呼ぶという正のスパイラルが生まれます。これは、学校にとっても学習塾にとってもWIN・WINの関係となるわけです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校を基礎から学ぼうとすること. All rights reserved.